バイアグラでバキバキ!勃起不全から立ち直った俺の歴史

勃起力を取り戻す

今回は、世の男性を救った「ED治療薬」についてのお話です。
それまで勃起不全は治療が難しい生理病の1種とされていましたが「バイアグラ」が誕生したことで、その治療は飛躍的に進歩しました。
自信がなくなりつつあったり、悩みを抱える男性は参考にして下さい。

【世界初のED治療薬:バイアグラ】
この薬は1998年にアメリカで誕生しました。
はじめは狭心症の治療のために開発していた成分が「勃起不全」に効果があることが分かり、男性を救う薬として使用され人気を博しました。
当時は「夢の薬」とまで言われ、世界中の男性がこぞって使用しました。
日本では遅れること1年、1999年に病院での取り扱いを開始しました。
保険の適用を受けることができないので、
・初診料
・診察料
・薬にの処方
これら全て自費での負担となっています。
ちなみに、1錠は1300~1500円となっています。

【 バイアグラの効果】
成分には「シルデナフィル」という成分が含有されています。
これには血管を拡げる作用があります。
勃起不全には様々ありますが、共通しているのは原因が「血液流入不足」であるということです。
つまり、ぺニスや周囲の血管を拡げることによって、多くの血液がペニスへと流入するようにしてくれます。
多くの血液で満たされれば、太く硬い勃起状態とすることが出来ます。
ちなみにこの効果は、重度の人を含め70~80%の人に有効であるとしています。

【副作用】
ED治療薬は、その効果によって「血行が改善」されるようになります。
なので、次のような副作用が現れます。
・ほてり
・頭痛
・目の充血
これは仕方ない事になり、90%の人に起こるので心配の必要はありません。
また絶対的に服用を禁止されている薬に、ニトログリセリンなどの「硝酸剤」があります。
狭心症治療などで使用されますが、併用すると重い副作用や最悪、「心肺停止」となるので、要注意。
正しく使用すれば危険がある薬ではないので、役立ててみて下さい。

バイアグラの成分シルデナフィルの効果・副作用の詳細はコチラ